2014夏スマホ注目機種ランキングTOP5

1位のXperia Z2には4K動画撮影機能や動画をスローモーション化できる機能などエフェクトが豊富
※この画像はサイトのスクリーンショットです

ドコモとauから2014年夏モデルの新製品が発表された。以前に比べると機種数がやや少なくなり、一見すると選びやすくなったように感じられる。一方で、どの機種もそれなりにハイスペックに見えるため、どれを選ぶのがベストなのかわからない…と逆に悩んでしまう人も少なくないのでは?

今季のトレンドに関して、「これまで続いていた大画面化などは一段落し、誰もがわかる見た目の進化はなくなりつつあります。しかし、ドコモはVoLTE(注1)、auはキャリアアグリゲーション(注2)といった通信技術の進化が一気に進みました」と話すのは、スマホジャーナリストの石川温氏。同氏が選ぶ注目機種TOP5を紹介しよう。

※注1 ドコモのLTEネットワーク上で高音質通話やビデオコールが可能になる。6月以降のソフトウェアアップデートで対応予定。Voice Over LTEの略。
※注2 LTEの次世代高速通信規格「LTE-Advanced」の技術で、2つの帯域を重ねて利用することで、下り最大150Mbpsの通信速度を実現。5月21日からサービスを開始。

■2014夏スマホ注目機種ランキングTOP5

●1位 Xperia Z2 SO-03F(ソニー/ドコモ)
「従来機種よりもデザイン面での完成度が高まり、満足度はかなり高めなコチラ。周囲の騒音を感知し、騒音を最大約98%低減できるデジタルノイズキャンセリング機能といったソニーらしい機能もスマホで音楽を聴くユーザーにはうれしいですね」(石川さん、以下同)

●2位 GALAXY S5 SC-04F(サムスン/ドコモ・au) ※auの場合、型番はSCL23
「国内向けのGALAXY端末では初めて防水・防塵に対応し、万一の時でも心強い。ジョギングなどを行う人は、周辺機器となる腕時計型ウェアラブルデバイス『Gear fit』で心拍数を図りながら使えば一層健康な生活が送れるはずです」

●3位 AQUOS ZETA SH-04F(シャープ/ドコモ)
「ディスプレイ面の縁を最大限に細くする三辺狭額縁『EDGESTスタイル』を採用。前面の約81%がスクリーンになっているため、画面サイズのインパクトは大! シャープはau、ソフトバンクでも同機種のような大型ディスプレイ搭載機種を発表していますが、それらと比べてボタンを押しやすい点が評価できるでしょう」

●4位 ARROWS NX F-05F(富士通/ドコモ)
「富士通とジャストシステムが共同開発したスマホ史上最高ATOK『Super ATOK ULTIAS』を搭載。日本語入力がとにかく快適です。スマホだと打ち間違えが少なくないですが、本機種を使うと正確に日本語入力できる安心感があります」

●5位 TORQUE G01(京セラ、au)※8月上旬予定
「米国国防総省が制定する軍事規格『MIL-STD-810G』に準拠した、高度な耐久性が特徴。防水・防塵、耐衝撃性、耐振動、耐日射、防湿などに優れ、ガテン系スマホとしては申し分ありませんが、キャリアアグリゲーションには非対応なのが惜しいです」

あなたはどの機種に心動かされただろうか。この夏、買い替えや新規購入を検討している人は、参考にしてはいかが?

(池田園子)

【今回、注目機種を教えてくれたのは…】

■石川温
スマホジャーナリスト。日本国内だけでなく、アップル、グーグル、マイクロソフトなど世界中を飛び回り、取材活動を行う。スマホ業界で起こった最新のニュースを解説する、メルマガ「スマホ業界新聞http://ch.nicovideo.jp/226)」を毎週配信中。

2014 ランキング 新機種 注目