「LINEブロックされた」2割が経験アリ

電話をかけてもずっとコール音だけが続く状況だとひょっとして…

いや~な相手から連絡が来ないようにする今の主流は「LINE ブロック」だろう。逆に便利な半面、「あれ? 連絡したいのに連絡できない…」、そんな着信/受信拒否をされてしまった、切ない思い出を持っている人もいるのでは? そこで、20~30代男女222人に、LINEでブロックをされたことがあるか、アンケートをとってみた!(協力:ファストアスク)

Q.LINEでブロックされたことがありますか?
ある 20.3%
ない 38.2%
わからない 41.5%

「ある」との回答が2割。多いのか少ないのか微妙なところだが、「わからない」が4割もいるため、そのなかにブロックされている人もいるのかも? ちなみ男女別でみると、男性は26.9%、女性は13.8%と男性のほうが切ない思いをしている人が多いようだ。そのブロックしてきた相手はどういう人なんでしょう?

Q.どんな間柄の人にブロックされたことがありますか? (複数回答)
1位 学生時代の友人 36.4%
2位 元カレ/元カノ 22.7%
3位 学生時代の先輩 20.5%
4位 職場の先輩 9.1%
4位 身に覚えのない人 9.1%

元カレ、元カノが1位になると思いきや、1位には「学生時代の友人」、3位に「学生時代の先輩がランクイン」。LINEでは、電話番号が登録されていると友だちリストに出てきてしまう。昔の人間関係はブロックしたいという人が多いのだろうか。

では、ブロックされたと気づいたきっかけは?

「何度送信しても(メッセージが)返ってこないので」(29歳・男性)、「既読にならないし、電話も鳴りっぱなし」(24歳・男性)など、相手からのレスがなくて気づいたパターンが多い。また、「元彼女から『ブロックした、もう連絡して来ないで』とメールが来た」(25歳・男性)といった切ない話も…。

ブロックされると、トークの画面はそれまでと変わらないものの、メッセージに「既読」がつかなくなる。また、電話をかけても“呼び出し画面”で延々と鳴り続けるのだ。LINEからは基本的に連絡を取れなくなってしまうので、もしブロックされたら、解除されるまで大人しくしているのが賢明かも…。

(辺土名悟/GRINGO&Co.)

LINE エピソード ブロック ランキング 見分け