スマホ使いこなし、シニアでも6割!

スマホの魅力や使いやすさについて「LINEで電話代が安くすむ 」との声も数多く寄せられた

巷ではシニアをターゲットにした格安スマホや格安SIMも続々登場。今や“スマートフォン=若者向けのもの”ではなくなっているようだ。

MMD研究所の「2014年シニア層のスマートフォンに関する調査」(対象:携帯電話端末を所有するシニア2020人)によると、シニア層のスマホ所有率は27.6%と、前年に比べて4.4%も増加しているという。2015年、おじいちゃんやおばあちゃん世代への贈り物として、スマホを選ぶのもアリなのかも…。そこで、60歳以上の男女221人に自身のスマホ活用について聞いてみた(協力:ファストアスク)。

まずはスマホの使用状況について。

●スマホを使いこなせている?

はい 59.3%

いいえ 40.7%

●スマホをフィーチャーフォン(ガラケー)、どちらが使いやすい?

スマホ 77.8%

フィーチャーフォン 20.8%

その他 1.4%

想像以上に、60歳以上の多くがスマホに利便性を感じていることがわかった。具体的にスマホの使いやすい面を挙げてもらうと、

・タッチパネルでラクに操作できる

「やはりタッチパネル。タッチすると見たいものがダイレクトに表示されるから」(64歳・男性)

「タッチするだけで動くから操作が楽」(67歳・男性)

「操作が簡単。見ていて何をするかが直感的にわかる」(60歳・男性)

・PC気分で

「パソコンがない場所でも、パソコン用サイトを見ることができる。パソコンと連動して管理できる」(65歳・女性)

「PCのアカウントでメール等がすべて確認・送信できるところ。PCを持ち歩いているのと同じで非常に便利」(67歳・女性)

「Cloudの利用でPCとデータの一元化ができる携帯PCのごとく利用できる」(70歳・男性)

・便利なアプリが豊富にある

「無料アプリが豊富。Webサイトではなく、専用アプリがあって使いやすい」(61歳・男性)

「好きなアプリを自由に追加できるので便利」(64歳・男性)

などの声が寄せられた。若者と同じように悠々とスマホを使いこなしていることがわかる。

一方で、フィーチャーフォンにはない、スマホならではの特徴に戸惑いもあるようだ。スマホを使っている際、使いづらさを感じる点について聞くと、以下のような結果になった。

■スマホで「不便」「使いづらい」と思うところTOP5(複数回答)

1位 電池の消耗が早い(バッテリーのもちが悪い)(63.8%)

2位 月々の支払い料金が増えた(57.0%)

3位 端末本体の料金が高い(43.9%)

4位 タッチパネルの押し間違いがある(押しにくい)(39.8%)

5位 片手で操作ができない(27.6%)

上位はどの世代の人でも感じることだろう。この他、少数意見ではあるが、年配の方ならではの回答としては「取扱説明書が付いていない」(61歳・男性)、「室外では日光の反射で画面が見えず操作できない」(60歳・男性)、「字が小さいので年配者は辛い、画面を大きくすること(編集部注:ピンチアウト)は知っているが面倒」(65歳・男性)などの声があがっていた。

今回の調査で、スマホを使いこなすシニアは予想以上に多く、新しいツールに対する人間の順応性が明らかになったといえよう。私たちがシニアになったとき、より進化したデバイスが登場していても、難なく使いこなせるのではないだろうか。

(池田園子)







ガラケー シニア フィーチャーフォン