投稿内容、見られて赤面!? SNS家族事件簿

「LINEアカウントの引き継ぎに失敗して連絡が取れず、義父との関係が悪くなった…」(20代・女性)という声も。投稿内容とともに、フォロー設定も見直しておきたいものである

親の世代でもSNSの利用が盛んになっているという。家族同士でアカウントをフォローし合い、写真を共有したり、緊急時に連絡したりするツールとして活用している人が増えているようだ。以前、「R25スマホ情報局」がSNSの利用者222人に行ったアンケートでは、57.7%もの人が家族のアカウントをフォローしているのだとか。

ただ一方で、家族にSNSアカウントを知られたためのトラブルも起きているようで…。そこで今回は、家族間で起こったSNSでの失敗談を集めてみた。(以下、R25スマホ情報局編集部調べ)

●大恥写真もアップする自動同期の恐怖

「Google+に登録して、スマホアプリをインストール。すると、スマホ内の全写真が自動で同期されて、一般公開されてしまった。やがて、Gmailで連絡を取っていた親が写真を目撃。酒を飲んでバカ騒ぎしている写真のことについて電話で指摘され、本当に恥ずかしかった」(20代・女性)

●家族写真に隠された公開処刑、執行

「親がSNSに私の写真を投稿し、さらにタグ付けもされていた。何の写真だろう? と思って見てみると、昔にスッピンのところを撮られた写真が晒されている。親に『消して』と言っても聞いてくれないので、どうしたものかと悩み中」(20代・女性)

●義兄姉プチ炎上、「それって俺の役目なの?」

「Facebookに子供の育て方について投稿したら、義兄と義姉がコメントしてくれた。ただ、困ったことに投稿について、2人が軽い口論に。さらには、コメントで『○○はどう思うの?』と聞かれたり、直接電話がかかってきたりする始末。完全にとばっちりだと思うのだが、これは私が仲裁しないといけないのだろうか?」(30代・男性)

●知りたくなかった…男の影にお父さん涙目

「娘のSNSをのぞいていたら、一問一答形式で細かいプロフィールを書いた投稿を発見。『ここまで公開しちゃって大丈夫なのかな?』と思って読んでいたら、『彼氏はいる?』という質問に『いる』との回答が。娘の恋愛関係については深く聞かないようにしていたが、まさかこんな形で彼氏の存在を知らされるとは思わなかった」(40代・男性)

●“元気すぎる娘”が親泣かせなことも

「娘がTwitterに『病気で寝込んでいる』と書き込んでいるのを発見。慌てて電話をしてみたら、元気な声で『今、沖縄にいるから、お土産楽しみにしてて!』との返事が。どう考えても仕事をサボっているので、余計に心配になってしまった」(40代・女性)

●家庭内ストーカー事案発生?

「Facebookに投稿をすると、弟がほとんど時間を空けずに『いいね!』してくる。仲はいいので悪い気はしないが、たまに見張られているような気分になって、ちょっと怖い」(10代・女性)

誰でも閲覧できるSNS。それは家族も例外ではない。フォローされていないはずの家族に見られてしまって恥ずかしい目に…なんて可能性もありそうだ。家族と気まずくならないためにも、SNSへの投稿内容、チョコっと見直してみる?
(丸田鉄平/H14)

SNS エピソード 家族