“特化型”動画配信サービス7選

職場でも自宅でも、そして移動中であっても、どこでも楽しめるのが動画配信サービスの最大の魅力だ
写真:Syda Productions / PIXTA(ピクスタ)

dTVやHulu、日本に上陸して話題となったNetflixなど、2015年は動画配信サービスが乱立し、「動画配信サービス元年」と評された。そして2016年は各サービスがしのぎを削る“戦国時代”の幕開けとの声も。業界が拡大すれば自ずとある分野に特化したサービスも拡大するもの。そこで今回は、ビジネスマンに焦点を合わせて“ちょっとニッチ”な動画配信サービスを集めてみた。

【ビジネス】
〈テレビ東京ビジネスオンデマンド〉
URL:http://txbiz.tv-tokyo.co.jp/
テレビ東京の人気ビジネス番組『ガイアの夜明け』や『カンブリア宮殿』『未来世紀ジパング』『WBS』などが月額540円で視聴可能。ビジネスの“現在”をチェックできるほか、業界のレジェンドのトークの中から“仕事の種”を見つけ出せるかも。

【体調管理】
〈Fit-Lib〉
URL:https://fit-lib.com/
「デスクワークの疲れを解消」「ぐっすり快眠」など、テーマごとに簡単な動きから本格的なエクササイズまで、多彩なフィットネス動画を月額1650円から楽しめる。ジム通いに失敗した出不精の人は、自宅で動画を利用したエクササイズを。

【学び】
〈schoo〉
URL:https://schoo.jp/guest
生放送の無料オンライン学習サイト。デザイン・プログラミング・ビジネス英語・スタートアップビジネス・教養など、講座数は約2000にも及び、PayPalの元CEOや映画監督・紀里谷和明ら著名な講師から学ぶことができる。また、チャットシステムで講師とリアルタイムで会話できるのも魅力のひとつだ。

【オフタイム】
〈DMM.com AKB48グループ〉
URL:http://www.dmm.com/lod/
AKB48グループの動画配信サービス。一番の魅力は、毎日行われている公演を見ることができること。見放題プランは月額3066円。

〈バンダイチャンネル〉
URL:http://www.b-ch.com/
『機動戦士ガンダム』シリーズはもちろん、最新の作品も配信されている豊富なラインナップが魅力。月額1080円で約1000作品、2万話以上が見放題。

〈WWEネットワーク〉
URL:http://www.wwe.com/shows/howtowatch
究極のエンターテインメント、プロレス。その頂点ともいえるアメリカのプロレス団体WWEが今年からネットで視聴可能に。月額9.99ドル(約1200円)でライブ放送の全てと過去の試合が視聴できる。

〈J SPORTS オンデマンド〉
URL:http://front.jsports-ondemand.com/
CSのスポーツ専門チャンネル「J SPORTS」のオンデマンドサービス。サッカーやモータースポーツなど、人気スポーツの番組が月額2592円で視聴可能。25歳以下だと半額になる割り引きサービスも。

紹介したのはいずれも各ジャンルに特化したものばかり。忙しいビジネスマンの毎日にちょっとしたスパイスになってくれるかも。
(川田椅子)

サービス 動画 特化 配信