LINEをやめたい時に使う言葉1位は?

「既読にならず、伝わったかどうか不明で次の予定が立てられずイライラした」(31歳・男性)、「いつひま?と聞かれたのに、その返信に対して既読スルーされて相当イラついた」(26歳・女性)など、スルーに対してはイライラするだけでなく「困る」という意見も
写真:ABC / PIXTA(ピクスタ)

いくら親しい恋人や友人相手でも、延々と続くメールやLINEのやりとりには疲れてしまうことも。早く切り上げたいけれど、相手の気分を損ないたくない…と頭を悩ませた経験のある人は多いはず。そんな時、みんなどのような言葉で自分の気持ちを伝えているのだろうか? 20~30代のスマホユーザー198人(男性87人、女性111人)に、全21項目の「切り上げ文句」のなかから、実際に使ったことがあるものをすべて選んでもらった(協力:ファストアスク)。

〈メールやLINEを切り上げたい時に使う言葉TOP10〉(複数回答)

1位 「また連絡するね」と、次回の連絡を約束して切り上げる 40.9%
2位 「そろそろ寝るね」など、寝る事をアピールする 31.8%
3位 「お互い頑張ろうね!」など、総括したコメントで切り上げる 23.7%
4位 シンプルに「そろそろやめるね」「バイバイ」と切り上げる 22.2%
4位 言い訳せず既読スルーする 22.2%
6位 スタンプだけの返信にして、ヤル気のなさをアピールする 13.6%
7位 「久々にやりとりできて楽しかった!」とお礼を言って切り上げる 12.1%
8位 言い訳せず未読スルーする 11.6%
9位 「これから仕事だからまた後で」など、仕事を理由に切り上げる 9.1%
10位 未読スルーをして「ごめん気付かなかった」とあとで言い訳する 7.6%

※切り上げようと思うことはない 14.1%

全体の4割以上が「使った経験がある」と答えたのは、【次の約束をして切り上げる】。ほかにも2位【「寝るね」】や3位【総括】など、相手を邪険に扱っているわけではないことを伝える文句が上位を占めた。その一方で、4位以降には【「バイバイ」】、【言い訳せず既読スルー】など、少々素っ気ない態度も。しかし、多くの人が使っているからといって、これらの文句を安心して使い続けるのは少々危険かも…。「受け取った時にイラッとしたことがある切り上げ文句」について聞いてみた結果もご覧いただこう。

〈イラっとする、メールやLINEの切り上げ文句TOP10〉(複数回答)

1位 「うん」「へー」など、ヤル気のない返事を続けてアピールする 11.6%
1位 言い訳せず既読スルーする 11.6%
3位 既読スルーをして「返信したつもりになってた」とあとで言い訳する 9.1%
4位 言い訳せず未読スルーする 8.1%
5位 シンプルに「そろそろやめるね」「バイバイ」と切り上げる 7.6%
6位 未読スルーをして「ケータイが壊れてた」「ケータイをなくしてた」とあとで言い訳する 6.6%
7位 「お互い頑張ろうね!」など、総括したコメントで切り上げる 6.1%
7位 未読スルーをして「ごめん気付かなかった」とあとで言い訳する 6.1%
9位 「また連絡するね」と、次回の連絡を約束して切り上げる 5.1%
9位 「電源切れそう」と、スマホのバッテリーを理由に切り上げる 5.1%

※番外
特にない(切り上げようと思うことはない) 43.4%

全体的に言い訳がましい文句が目立つものの、トップは「使うランキング」で4位だった【言い訳せず既読スルー】。ほかにも、4位【言い訳せず未読スルー】、5位【「バイバイ」】など、前述のランキングで上位だった文句に対してイラついた経験のある人が多いよう。イラッとする理由も聞いたところ、以下のようなコメントが寄せられた。

【1位 「うん」「へー」など、ヤル気のない返事を続けてアピールする】
「適当な感じで返されてムカついた」(29歳・男性)
「真剣な話をしているのに、かなり素っ気ない返事でこちらも返すのが嫌になった」(32歳・女性)
「やめる旨伝えてくれないと、こちらが寝られない」(26歳・女性)

【1位 言い訳もせず既読スルーする】
「質問系の文面で送ったのに、既読スルーされて嫌な気分になった」(31歳・女性)

【3位 既読スルーをして「返信したつもりになってた」とあとで言い訳する】
「見え見えの嘘と分かる理由だったので」(24歳・女性)

【4位 言い訳もせず未読スルーする】
「返信を求めているのに、未読状態が続いていたので不安になった」(28歳・女性)

【5位 シンプルに「そろそろやめるね」「バイバイ」と切り上げる】
「(あいづちが)適当になったあげく、(最後は)そんな感じで終わって感じが悪かった」(26歳・男性)

同じ文句でも、どれほど真剣な話をしているのかなど、相手の心理状態によって印象は変わりそう。LINEやメールを切り上げたい時には、焦らずに「自分が言われてどう思うか?」を考える一手間を忘れないことが大切だろう。
(有栖川匠)

LINE イラつく やめたい ライン