LINE告白派「慌てないから直接より良い」

メッセージを読むと「既読」がつくLINE。既読がついてから告白の返事が来るまでのドキドキ…直接告白での反応も様々ですが、LINE告白ならではの恋の思い出もありそうですね
写真提供:saki/PIXTA(ピクスタ)

寒さゆえ、人肌恋しくなるこの時期。隣にパートナーがいてくれたら…そんな気持ちになるが、告白する勇気が出ない…という人もいるのでは? そんな時、強い味方になるのがメールやLINEではあるが、一般的に「告白」は“直接”が良いと耳にする。はたして、メールやLINEだと告白成功率は下がってしまうものなのだろうか? そこで20~30代の独身男女(各112人)に「告白の方法」について調査した(協力:ファストアスク)。

まずは告白経験の有無を調査したところ、「ある」は80.4%。そんな告白経験者180人にどんな方法で告白したか聞いたところ、以下のような結果になった。

〈どの方法で「告白」したことがある?〉(複数回答)
・面と向かって直接 86.6%
・メール/LINE 36.6%
・手紙 16.1%
・その他 1.3%

やっぱり「直接」がダントツ。だが、「メール/LINE」も3人に1人以上が経験となかなかの割合だ。そして、気になる“成功率”は?

【告白成功率】
・直接 76.9%
・メール/LINE 77.3%

「直接」と「メール/LINE」の告白成功率はほぼ同じ。ちなみに、“されると最も嬉しい”告白方法についても聞いたところ、

〈されたら最も嬉しい告白方法は?〉
・直接 85.7%
・メール/LINE 10.7%
・手紙 3.6%

という結果。成功率が同じとはいえ、「直接」が好まれるのは間違いないよう…。ただし、「メール/LINE」と答えた1割(24人)に選んだ理由も聞いてみると、

「現在では違和感が無く利用者も多く、自分の感情表現がしやすく伝えやすい」(24歳・男性)
「手軽だし考える時間がもらえそう」(33歳・男性)
「あわてるから直接でない方がいい」(37歳・男性)
「気軽に何度も読み返せる、劣化しない、保存できる、返事を考える余裕がある」(35歳・男性)

との意見が。メッセージを利用した告白は、考える時間が得られたり、読み返せたりするのが利点といえそう。本番に弱い恥ずかしがり屋タイプや、熟考する性格の相手には有効なのかも?

「告白といえばやっぱり直接!」と思う気持ちもわかるが、迷ってタイミングを逸するくらいなら、積極的にメールやLINEを使う方が吉、といえそうだ。
(のむらまさひろ)

LINE バレンタイン ライン 勇気 告白 恋愛 手紙 直接