「スマホで副業」最高月収は平均1万円

ちょっとした時間を利用してできる“スマホビジネス”。“ちりも積もれば山となる”方式でがっちり儲けてみては?
写真:naka / PIXTA(ピクスタ)

証券会社のOne Tap BUYは、2月中にもスマホ専用の証券取引アプリをリリース予定。これで、スマホを使って気軽に株式の売買が可能になる。このように、今やスマホは単なる“連絡ツール”だけではなく、副業としてお金を稼げる“ビジネスツール”でもある。そこで、今回は“ビジネス”としてのスマホに注目。みんないくらくらい稼いでいるのか? スマホを利用している男女223人に気になる内情を調査した。(協力:ファストアスク)

〈スマホを利用した副業でお金を稼いだことはある?〉
・ある 52.0%
・ない 48.0%

まずは経験の有無を尋ねたが、実に、2人に1人がスマホでお金儲け=“スマホビジネス”をしていることが明らかに! 大多数の手元にスマホがあることを踏まえると、スマホで副業をしていないと大きな損をしているように感じてしまいそうだ。しかし、どれほどの額を稼いでいるのだろう?

「ある」と答えた人に“スマホビジネス”で稼いだことのある最高月収を聞くと、平均は「1万229円」。多いとみるか少ないとみるかは人それぞれだろうが、お小遣いとしてはちょっと嬉しい額だろう。さらに、最も稼いでいる人(24歳・男性)は、なんと月に10万円も稼いでいた。

とはいえ、1万円以上もどうやって稼ぐのか、その方法について調べると、以下の結果に。

〈どうやって稼いでいる?〉
1位:ポイントアプリ(44.0%)
2位:フリマ・オークション(20.0%)
3位:LINEクリエイターズスタンプ(10.0%)
4位:オリジナル商品をネットショップで販売(9.0%)

最も多かったのは、ポイントアプリ。ポイントアプリとは、新しくリリースされたアプリをインストールしたり、販促キャンペーンに参加したりすることで、利用者にポイントが付与されるアプリのこと。獲得したポイントで商品を購入できるほか、ほとんどのアプリで換金も可能だ。次いで、フリマやオークションに商品を出品する人が多く、さらに、利用者自身で作成したLINEスタンプやオリジナル商品を売って儲けを出しているという人が続いた。

こうしてみると、よりお手軽な方法での“スマホビジネス”が人気のもよう。しかし、お手軽になればなるほど、儲けは少なくなる…と思いきや、最も多くを稼ぎ出す方法を聞くと、こちらも「ポイントアプリ」という回答が多く、約75%がポイントアプリで最も稼いだと回答した。

最後に、“スマホビジネス”のコツも聞くと、「空き時間に気軽に長く続けること」(32歳・女性/スマホ収入…月2万円)や「無理せず暇なときにすること」(31歳・男性/スマホ収入…月1万円)などの声。また、月に10万円を稼いだ男性からは「頑張り続けること」というコメントもあった。とにかくコツコツと継続することが大切ということなのだろう。

“継続は力なり”。そんな言葉が似合うスマホビジネス。隙間時間に始めてみてはいかがだろうか?
(川田椅子)

コツ スマホ ビジネス 副業 月収