LINEブロックした場合、相手にはどう表示される?

自分がブロックされると悲しいもの。リアルの知り合いに対してはなるべく使わずにいたい機能だが…

プライベートだけでなく仕事でも利用している人が多い「LINE」。電話帳と同期して“友だち”登録されるケースもあり、さほど親しくない仕事関係の人と繋がってしまうこともある。こんな時に使える機能といえば「ブロック」だが、意外と試したことがない人も多いのでは? そこで、LINEの「ブロック」の基本操作とちょっとした小ネタを紹介しよう。

●ブロックの機能と設定方法

ブロックは、特定の友だちからの連絡手段を途絶させる機能。トークや通話はもちろん、タイムラインの閲覧も互いにできなくなる。設定方法は、「友だち」画面の上部にある「友だち編集」をタップし、ブロックしたい友だちをチェック。下部にある「ブロック」ボタンを押して、最終確認を行えば完了だ。

ブロックしたい友だちは複数選ぶことができ、一度に設定することが可能。また、「ブロック」ボタンには選択した友だちの数が表示される

●ブロックされた相手側の表示

これで一件落着だが、ブロックした相手からバレることはあるのだろうか? 相手が自分にコンタクトを取ろうとすると…、

・トーク:メッセージを送っても既読表示がつかない
・通話:呼び出すことはできるが応答しない
・タイムライン:タイムラインの投稿が表示されなくなる
・ホーム:相手のホームに訪問しても「投稿がありません」と表示される

と、いった対応がなされる。「ブロックされました」とは明記されないものの、トークや通話を無視されるうえ、タイムライン投稿も消えるため、バレるのは時間の問題ともいえるだろう。これを踏まえると、ブロックしたことがバレて困るような相手には安易に使わないほうがよさそうだ。

ブロックされている場合、着せ替えやスタンプはプレゼントできなくなるため、“ブロックされているかどうか”を確認する手段のひとつとなりうる。ただし、すでに同じ着せ替えやスタンプを持っている場合もプレゼントできない

●ブロックを解除する方法

なお、ブロックを解除したい時は、「その他」画面の「設定」→「友だち」を開くとある「ブロックリスト」という項目から設定できる。このなかに、ブロックした相手が登録されているので、ブロックを解除したい相手の「編集」をタップし「ブロック解除」を選択。この時、「削除」を押してしまうと「ブロックリスト」の中からも消えてしまう。「削除」した友だちを再登録するには、ID/電話番号検索や「ふるふる」を利用しなくてはならない。

謎の美少女からの迷惑メッセージや興味のなくなった公式アカウントなどは、ブロックしたほうが使いやすくなることもある。「ブロック」というとやや重く感じるが、「友だち」が増えてしまったら、上手に使ってLINE内を整理することもアリかもしれない。

(河島マリオ)

LINE ブロック ライン 相手 表示 見え方 解除 設定