【タイ人に聞く】LINEが大活躍するタイのSNS大国事情



LINEの全世界月間アクティブユーザー数2億1500万人のうち、約7割にあたる1億4470万人を日本、台湾、タイ、インドネシアの4か国が占める(※1)。そのひとつタイでは、経済の急成長によりスマートフォンの普及率も増え、アプリ市場も盛り上がりを見せる中、特にLINEが活躍しているという。

2015年、タイのアプリダウンロード数TOP20(iOS&Google Play合計)を見てみると、「LINE TV」「B612(LINEのセルフィーアプリ)」「aillis(元LINE Camera)」「LINE MUSIC」とLINEに関わるアプリが4つもランクイン(※2)。タイにとってLINEの存在感は大きいようだ。

そんなタイのLINEやスマホ事情を、東京・新宿のタイ料理店で働く、バンコク出身のジャーさん(30歳・女性・日本在住6年)とダーオさん(34歳・女性・日本在住2年)に聞いた。

■タイで着々と利用環境を整備していたLINE

5年前にタイで、4年前に日本でスマホを購入したというダーオさんとジャーさん。母国タイの家族や友達と連絡を取るなど、ふたりとも3年ほど前からLINEを活用しており、その当時からLINEはタイで定着していたという。

その要因のひとつとして考えられるのが、2012年にタイで行われた、現地企業とLINEとの業務提携やプロモーション活動。「LINE公式ブログ」(※3)によると、LINEはタイのサムスン社と提携し、スマートフォンの新商品にLINEを搭載。また、タイ最大手の通信キャリア「AIS」との提携では、オリジナルキャラクタースタンプが利用できる特別版スマートフォンを提供。テレビではLINEスタンプの利用シーンを訴求するCMなども放映されたという。

ふたりのスマホに共通して入っていたのが、日本語の翻訳アプリ「JTDic」。タイで日本語を勉強する人の多くはこのアプリを活用しているという


■情報源はニュースメディアよりSNS!

タイではiPhoneよりもサムスンの機種の方が安いため、「若者はギャラクシーが多い」というジャーさんとダーオさん。LINE以外にどんなアプリを使っているのか聞いてみると、ふたりとも口をそろえてFacebook、Twitter、InstagramとSNSばかりを答えた。

ダーオさんは、「友人と食事に行くと、みんな食べる前に料理を撮る(笑)」と話し、料理の写真をFacebookやInstagramによく投稿する姿は、日本と何ら変わりないようだ。

ジャーさんは、FacebookやTwitterに投稿・シェアされたニュース、飲食店情報を頻繁にチェックするという。タイにもニュースアプリ「Mthai」や飲食店の総合アプリ「Wongnai」などはあるものの、それらはほとんど見ずに、「情報源はSNS」と言いきる。ちなみに、タイのLINEには「LINE NEWS」がない。情報過多な日本と比べると、タイ独自のコンテンツがまだ発展途上だからこそ、SNSに頼ることが多いようだ。

■電車内でもスマホで大声が日常のタイ

タイのバンコクでは、日本と同じように多くの人がスマートフォンを持って生活している。ただ、日本と大きく違うのが、公共マナー。タイでは、電車内や街中でもスマートフォンを使って大声で話すのは至って普通のことで、通話も丸聞こえだそう。「日本はマナーも良く、静かで安心です」というダーオさんは、いまではタイに帰国すると他人のスマートフォンがうるさくて仕方がないという。

LINEやFacebookなど、SNSをよく使っている点では、日本と変わらない印象のタイ。App Annie発表の「新興アプリ市場レポート」(※2)によると、2015年時点で国内のアプリダウンロード数が対前年比で20%も増加。スマートフォンの市場普及率も50%近くあり、国際的な大手パブリッシャーもタイのアプリ市場を注目しているとか。今後、さらにアプリやサービスが充実していきそうだ。

引用

※1.LINE 2016年4月-9月媒体資料

※2.App Annie「新興アプリ市場レポート 次のフロンティアを探る」2016年2月発表

※3.LINE公式ブログ(2012年7月20日)

(赤木一之/H14)

【取材協力】

新宿タイ料理スアータイ

http://www.baankirao.com/suathai/index.html

LINE SNS大国 アプリ タイ 世界のスマホ事情