会議中にスマホゲーム、会社員の●人に1人が経験


会議中にケータイをいじる――ひと昔前なら、「何やってるんだ!」なんて上司から叱責される場面だが、時代は変わった。メモ機能やスケジュール確認などにも用いるため、スマホをいじることが容認されている職場も多いだろう。そんな雰囲気に乗じて、関係ないことをこっそりとしている人もいるのでは? スマホを利用している20~30代男性会社員245人を対象に、「会議中のスマホ利用」に関するアンケートを行った(R25スマホ情報局調べ/協力:ファストアスク)。

■会議内容と関係ないことについて、スマホをいじった経験はある?
・ある 39.2%(96人)
・ない 57.1%(140人)
・答えたくない 3.7%(9人)

「ない」が半数を超えたが、「ある」も約4割。真面目に会議に参加していると見せかけて、スマホいじりをしているビジネスマンはやはり少なくない! では、会議中にどんなことをやっているのか? また、その時、罪悪感を覚えないのだろうか? それぞれについて、「ある」と回答した96人に聞いてみた。

■会議中にスマホでしたことのある行為
※カッコ内は、した人の中で「罪悪感は覚えなかった」と回答した人数
・時事ニュースのチェック 69.8%(67人中50人)
・SNSのチェック 64.6%(62人中39人)
・ゲームアプリの操作 42.7%(41人中18人)
・ECサイトでの商品物色・購入 38.5%(37人中19人)
・電子書籍の読書 37.5%(36人中20人)

会議中にスマホをいじったことのある人の約7割が経験しているのは、【時事ニュースのチェック】。これに【SNSのチェック】が続く。情報収集という大義名分が立つからか、これら2点は罪悪感を覚える人は少数派。【時事ニュースのチェック】に至っては、約75%(67人中50人)が「やっても罪悪感は覚えなかった」と回答している。

一方、半数は切るものの、【ゲームアプリの操作】経験者は41人に上る。しかも、「罪悪感を覚えない」という人も半数に近い。スマホいじりをしない人を含めた全体(245人)を踏まえると、会議参加者の16.7%、約6人に1人は会議中にスマホゲームをしたことがあるようだ。隣の人の手元を覗いたら、悪びれもせず、おなじみのモンスターたちが活躍する大スペクタクルが展開…なんて事態は珍しくない?

ちなみに、なぜ罪悪感を覚えなかったのか、該当者に聞いてみると、以下のような答えが寄せられた。

■SNSのチェック
「皆やっているから」(29歳)
「バレても誤魔化せると思ったので」(29歳)
「その方が遥かに有意義な時間の使い方だと思えるような会議のくだらなさだったから」(36歳)

■時事ニュースのチェック
「あまりに会議が退屈だったから」(29歳)
「会議が意味ないものであったため」(38歳)
「(当時に起こったのが)大きいニュースだったから」(24歳)
「自分に関係ない内容だった」(39歳)

■ECサイトでの商品物色・購入
「ただ、その場に入れればよい会議だったので、話を聞かなくても問題なかったため」(38歳)

圧倒的に多かったのは、「会議が自分に関係ないから/くだらないから」とのコメント。「何のための会議?」と疑問を覚える会議は世の中に多いということか。同僚のスマホいじりが気になる人は、会議内容を充実させることが、マナー向上の近道と考えた方がいいかも…?

(山川 剛)

アプリ いじる スマホ 会社 会議