写真家・杉山宣嗣さんも驚きのスマホカメラアプリ5選=後編=

Android iOS
プロのカメラマンも、うなるほどカメラアプリは進化しているようです。厳選された写真系アプリをご紹介!

「モデルにアプリを教わることも多いです」

写真家の杉山宣嗣さんが使っているアプリのなかには、被写体である若者(モデル)から教えてもらったものもあるとか。カメラアプリは、スマホの進化にともない、パソコンで使用する本格的な画像編集ソフトに近い機能を備えたものも登場しています。プロが認めたカメラアプリで使い方も教わりましょう。

――定番のカメラアプリでは、どんなことができるのでしょうか?

「簡単に加工でき、機能もバランスよく揃っているアプリは『Snapseed』です。フィルタがそろっているので、十分に使えます。また、効果をかけると画質が悪くなるアプリも多いのですが、このアプリは問題ありません。ただし、標準カメラアプリで撮影された、明るい所と暗い所の差が激しい写真では、加工しきれないこともあるので気をつけてください」

――とはいえ、加工などの効果が多くて素人には難しいのですが…。

「個性的な効果や特徴がすぐにわかるアプリを探してみるのはオススメです。たとえば、カメラアプリの『Pixlr Express』は『Color Splash』という機能だけでも使う価値があります。任意の色を選択すると、その色を残して他の部分がモノクロになるという機能です。女のコに見せると、『かっこいー』と驚かれること間違いなしです」

豊富な機能を備えたカメラアプリを使いこなして奇跡の1枚を目指そう!



「アプリなどの情報は、モデルさんから教わることもあります。コラージュアプリの『Pic Collage 写真ピックコラージュ』や、小顔化・デカ目加工もできる美肌アプリの『BeautyPlus-プリクラ並に盛れる神カメラ』が、そうです。逆に僕から、ぼかし方などのアプリを使ったテクニックをアドバイスすることもありますよ」

――美肌加工がはかどりそうなアプリですね。では、夜間の撮影が上手になるアプリはありますか?

「夜間に撮影すると、どうしても暗い所が黒つぶれしてしまい、ライトだけが点になって残ります。夜間撮影では、長時間露光、ハイダイナミックレンジ合成(HDR)などの機能を備えた『夜撮カメラ』などのカメラアプリが役立ちます。手持ちで連写して合成する機能や、長時間露光する機能があります。暗い部分を無理やり明るくしただけではノイズが目立ちますが、このアプリではキレイに仕上がります」

杉山さんが太鼓判を押す、素人でも使いやすいカメラアプリはいかがでしたか?

――なるほど。アプリを使えば撮影テクニックがなくても上手に撮れそうです。

「アプリの性能はもちろん役に立ちますが、夜間撮影時には、すりガラス越しに柔らかい光が当たる場所や、自動販売機など顔の横から光が当たる場所での撮影がオススメです」

スマホのカメラアプリには、デジカメに近い機能が搭載されています。その機能のひとつひとつを正しく理解して、スマホでデジカメ並みの写真を撮ってみましょう。

<杉山宣嗣プロフィール>
すぎやま のぶつぐ
岐阜県出身の写真家。日本大学芸術学部写真学科卒。広告・雑誌などのファッション写真を中心に、テレビ・雑誌などでコメンテーターも務める。近年は、コスプレ写真集アプリ、電子書籍の写真集、電子書籍の作成ガイドなど、新たな技術やカルチャーを積極的に取り入れ活動している。
■杉山宣嗣ブログ
■コスプレ写真集アプリ『COSPLAY SHOWCASE』(iOS・Android)
■電子書籍『Kindleで写真集を出そう!』

このテーマで紹介しているアプリ

カメラ スマホ パソコン プロ 写真家 進化