AKB48・佐々木優佳里さんの“ハピネス”なアプリ=前編=

Android iOS
アイドルなのに「友達が少ないキャラ」!? 佐々木優佳里さんの素顔に迫ります

「もっと笑顔の練習をしなきゃって…」

今回は、AKB48・チームA所属の佐々木優佳里さんの登場です! SNSでの発言が話題になったり、バラエティ番組で「友達が少ない」キャラをイジられたりと、独特の個性を発揮するメンバーの一人。彼女は、どんなスマホアプリをオススメしてくれるのでしょうか。

――まずは、よく使っているアプリから教えてください。

「私は毎週、SNSの『Google+』に動画を載せているので、動画の編集ができる『Perfect Video – インスタントビデオ編集 & スライドショーメーカー (Lite)』というアプリには本当に助けられています。撮影した動画をアプリに取り込めば、音楽や面白い効果音を簡単に入れられるんです。他の動画編集アプリも試してみたんですけど、これが一番作りやすいなって」

――これまでアップした中では、どんな動画が好評でした?

「この前、Google+で『萌え台詞総選挙』というものをやりまして…。自分で考えた萌える台詞とシチュエーションを動画で再現して、どれが一番よかったか、ファンの皆さんに投票してもらったんです。というのも、私、バラエティ番組でよくある『萌え企画』が苦手で…やりきれてない感があるのが悔しくて、苦手を克服しようと思って。家でお母さんに撮影してもらった動画をアップしたんです」

バラエティでよくある「萌え台詞」企画。苦手を克服できた…!?

――お母さんの前で萌え台詞を言うのが、一番恥ずかしそうですけど…(笑)。その総選挙では、どの台詞が人気ナンバー1だったんですか?

「シチュエーションによって衣装も全部変えたんですけど…パジャマっぽい服を着て『もう寝るから~。だってあなたがかまってくれないんだもん!』みたいなのが1位でした(笑)。自分としては、笑顔で萌え台詞を言うほうがいいのかなって、すごく自信を持ってやってたんですけど、意外とちょっと怒った顔で『かまってよ!』みたいな感じのほうが人気でした」

――なるほど(笑)。動画は観るのも好きなんですか?

「そうですね。自分がよく動画を撮影するから、アプリの『YouTube』でユーチューバーさんの動画を観ると、すごく勉強になるんですよ。私は、『挑戦してみた』系の動画が好きなんですけど、『こういうところで、映像をカットすれば面白くなるんだ』って、自分の動画にも取り入れてます。あと、動画だと『niconico (ニコニコ動画/ニコニコ生放送)』のアプリもかなり使っていて、ゲームの実況動画がすっごく面白いんです! 私、本当に本当に本当にゲームが大好きで!」

「笑顔が引きつる」と、これまたアイドルらしからぬ悩みを吐露した佐々木さん…

――そんなにですか!? どんなゲームがお好みで?

「PCで無料でできるホラーゲームです。一人でやるにはちょっと怖い部分もあるんですけど、ゲーム実況動画で観れば、実況する人のトークや流れてくるコメントが面白くて! すごく盛り上がってるから、見ていて飽きないんですよ。寝る前に動画を見ていたら、気付いたら朝…っていうこともたまにあります。どんだけ好きなんだって(笑)。いつかは、私もニコニコ動画をアップしてみたいです」

――佐々木さんがもしニコ動に投稿したら、反響がすごそうですね! ちなみに、今は動画以外に自撮り写真もたくさんアップされてますけど、おすすめのカメラ系アプリは?

『Wonder Camera』は、すごくナチュラルに撮れるのでおすすめです。動画を撮る時もそうなんですけど、写真も『一緒に話してる感』を出したいと思っていて…撮る時もファンの方に話しかけるような感覚で撮ってるんです(笑)」

――おぉ…。リアルさを大事にしている、と。

「そうですね。そういう素な感じが、このカメラだとすごく伝わりやすい気がします。でも、自撮りに関してはひとつ悩みがあって…。笑顔がなかなかうまく撮れないんです。ファンの方には『笑顔がほしい』って言われるんですけど、カメラの前でニコって笑ってると、恥ずかしくなって顔が引きつっちゃう…。AKB48のメンバーとして、もう5年なんですけど…もっと笑顔の練習をしなくちゃいけないなって思ってます(笑)」

撮影/佐賀章広 取材・文/オカモト犬助(short cut)

<佐々木優佳里プロフィール>
ささき ゆかり。1995年8月28日生まれ。埼玉県出身。
愛称は「ゆかるん」。AKB48・チームA所属。
『AKBINGO!』(日本テレビ系)、『有吉AKB共和国』(TBS系)などに出演中。

■佐々木優佳里Google+
■755「佐々木優佳里(AKB48)トーク」

このテーマで紹介しているアプリ

AKB48 インタビュー チームA ゆかるん 佐々木優佳里